後悔する理由

後悔してしまう転職のお決まりは、間違った判断にあります。求人情報を見て、自分ができると思う仕事を見つけるのは当然です。ですが、それがやりがいのある仕事かどうかはまた別ものでしょう。逆もあります。やりがいがある仕事だと思っていたら、自分ができる仕事ではなく、現実に直面してしまうからです。

結果として大きな失敗につながってしまいます。転職をしたら、すべてうまくいくわけではなく、新しい職場だから前職よりいいとは限らないのです。すべて現実をしっかりと判断していなかったからこそ出てきてしまうギャップといえるでしょう。

後悔することが出てくるのは、隣の芝生は青く見えるという部分です。新たな仕事についてみたら、前職のほうが良かったと思ってしまうこともでてきます。良さに気が付くということもありますし、比較対象として現職に不満が出てくると後悔につながることもあるでしょう。

過去のことだからこそ、悪い部分も美化されてしまい、冷静な判断につながってこないことも出てきます。不満が出てきているのであれば、本当の原因は何か、冷静に考えてみることが必要です。その先に、改善が見えてくるのですから、この視点を持たなければ、いつまでたっても後悔の連続となるでしょう。